2018年11月 1日

今日は何の記念日?

  今年は台風被害が各地で発生し、先月24号台風では、当武道館も弓道場の屋根瓦が落下してしまいました。幸いけが人はありませんでしたが、皆さんのところではいかがでしたか。被災された方には慎んでお見舞い申し上げます。

  さて話は変わりますが、11月の第3木曜日といえば、ご存知ボジョレーヌーボーの解禁日です。フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で、その年に収穫されたブドウで作られるワインです。日本は世界で一番早く解禁日を迎えることから話題となり、バブル期には近くの酒屋さんが、会社に事前注文を取付けに来るほど人気がありました。ところで、その他にも、今日の記念日をネット検索すると、毎日何かしらの記念日となっていることに驚くばかりです。11月の記念日を、語呂合わせや見た目からいくつか紹介してみましょう。
  11/3は「いいみっか」から「みかんの日」、11/9は数字を見たままで「119番の日」、11/10は「いいトイレ」、11/18は「十一」と「十八」を組み合わせて「土木の日」、11/29は「いいふく」で「いい服の日」それぞれの業界・団体でこじつけでもいいから記念日を設けてPRしようとしていることがなんと多いことか。毎日今日が何の日か考えないでボーっと生きていると「ボーっと生きてんじゃねえよ!」とチコちゃんに叱られてしまいそうです。

  只今来年1月開講の第4期武道(中級弓道、合気道)教室、第3期書道教室の応募を11/1から受け付けております。締め切りは12月15日武道館必着ですので、お申し込みはお早めに。 
                                                                                   H.S.

2018年10月 2日

スポーツと読書と食欲の秋

  あの猛暑、酷暑の8月、残暑の9月をやっと乗り越え、これからは爽やかなスポーツの秋、読書の秋、そして食欲の秋です。

  そして早いもので今年度ももう半分が過ぎました。歳のせいか最近は特に時が経つのを早く感じています。デジタル時代の今は時間を知るのもスマホで済むので、私も今は腕時計をしていません。
  昔、会社の先輩から「俺の一日は目覚まし時計で始まり、目覚まし時計で終わる」という話を聞き、最初はどんな意味か判りませんでしたが、次のような内容でした。
  まず、朝は目覚まし時計のベルを止めて起き、夜目覚ましで終わるのは、目覚まし時計のゼンマイを巻いてから寝るという意味でした。でも今の子供達にはここで「ゼンマイ」の説明が必要かも知れませんね。
  ※ゼンマイ・・・機械式時計の動力で、おもちゃの動力などでも使用されるということで、ひまな時にその精密さから、工芸品とも言われる機械式時計の魅力を探ってみるのもいかがでしょうか。

  さて、今月は県の「スポーツ月間」として各地でイベントが開催されます。
  武道館としては10/14(日)に、午前中は武道体験コーナーで柔道・剣道・合気道・なぎなたの4種目から最大3種目を体験することができます。午後は柔道・剣道・弓道・なぎなた・空手道・合気道・少林寺拳法・短剣道の8種目の体験教室を開催します。
9月で応募は締め切っていますが、空きがあれば継続受付可能ですので、お問い合わせ下さい。 
                                                                                                             H.K

2018年9月 1日

残暑は惨暑(ざんしょ)?!!

 「残暑」と言う言葉を使えるのは立秋を過ぎた8月8日あたりから秋分を迎える9月23日ごろまでという事らしいです。

まさに今は残暑ですが、例年の残暑は朝晩に気温が下がり、涼しい風が吹き、季節の変わり目の秋を少しずつ感じさせるものでした。でも今年はいつになっても暑いまま。真夏日、猛暑日が続いています。風もないので湿度も高く、不快指数MAX。毎日天気予報を見ては33度、34度という数字にはウンザリします。
 まさに残暑は惨暑。悲惨な暑さです。sun
 それに追い討ちをかけるように今年の台風の発生率は非常に高く、各地に甚大な被害をもたらしています。その被害の甚大さを形容して「今までに経験したことのない」と言う言葉をよく耳にします。地元に何十年も住んでいるお年寄りが「今までに経験したことのない雨や風や波」とメディアに語っている姿は本当に恐怖だったのだなあと感じました。
 少しずつ気温も下がり、快適に生活しやすい秋の来ることが今の私のささやかな願いです。

 もう少しカレンダーが進み10月には県民スポーツ月間があります。県立武道館では10月14日、日曜日に武道体験教室を開講致します。(その頃は涼しくなっているといいのですが)
 種目は柔道、合気道、剣道、なぎなた、弓道、空手道、少林寺拳法、短剣道です。お申し込みの受付は9月1日から始まっております。興味のある方は是非ご参加してください。
 ※詳細は武道館ホームペ-ジをご覧ください。                            Y.F

2018年8月 3日

短い梅雨の後に

 短い梅雨rainの後に、この猛暑。sun暑中お見舞い申し上げます。
 武道館のご利用者様にはエアコン故障の為にご不便をお掛けし申し訳ございません。先月閉講した第1期書道教室の参加者の方々には申し訳なく頭が下がる思いです。9月開講の第2期書道教室迄にはスポットエアコンから本物のエアコンが稼働することを祈っています。
 事務室はと言いますと、扇風機2台とスポットエアコンを使用していますが、本物のエアコンには、とても敵いません。焼け石に水です。室温が34℃もありますので。

 職員も各自、暑さ対策をしています。一例を挙げますと、
・首を冷やすク-ルタオルにさらに保冷剤を入れて巻く
・シャツの上から冷却剤
・卓上扇風機を自分用に置く   などなど。
そして一番大事な水分補給はスポーツドリンク等をこまめに摂取しています。
 私はというと、冷却シートを両脇に貼ってみましたが汗をかくと剥がれやすくなり断念。清涼感あるメントール配合の汗拭きシートでこまめに拭いています。そして帰宅後はアイスにゼリーに冷たい物を食べてばかりです。近く健康診断がありますので、いつもなら間食をやめて食事に気を使って…。ですが、この暑さでは気にかけていられません。夏が嫌いになりそうです。早く夏が終われと願うのみです。

 10月開講の第3期武道教室の申込受付中です。(~9月15日申込ハガキ必着)
第3期の種目は柔道、剣道、弓道(初・中級)、なぎなた、太極拳です。
要項・申込書はホームページにあるトップページの新着情報からご覧下さい。
皆様のご応募お待ちしております。                                      S.M

2018年7月 8日

46年間使用中の日記帳

  私の机の引き出しには1冊の古い日記帳があります。20歳の秋から46年後の現在に至る長期間使用中の日記帳です。久し振りに取り出してみました。まだ全体の5分の3位しか書き進んでいないので、今のままのペースでいくと、相当数の空白ページを残して人生終了ということになりそうです。
  書き始めの頃は1年もすれば書き終えるだろうと思っていましたがすぐにペースダウンし、20代半ば以降は2~3年に1回の割合で思い出した時に書いていました。そして30代前半の結婚を機にパッタリと途絶えます。新婚時代や子育て、入学・卒業、家族帯同の海外赴任といった我が家の主な記録は何故かすっかり抜けています。今から思えば一番充実していた時期だったのに、余裕がなかったのでしょうか。
  そして15年後、母親を見送った後に当時の父親、家族の状況を記しています。母親の死をきっかけに、その時点の自分自身や周辺を記録しなければとの思いが記憶に残っています。その次の記録は、12年後の息子の結婚式の時、更に3年後の東京オリンピック(‘64年)から50年経った2014年11月を最後に、現在も長期使用状態が続いているといった次第です。 
  日記帳のページは今ではすっかりセピア色と化し、20代前半の頃の将来への不安、ジリジリとした焦燥感が年齢を重ねると共に、自身の能力や限界を知った上で周りや社会とどのように関わっていくかという考えに至る自身の変化がみられるように思います。

  さて、ご自身の机の中に長期間使用中の日記帳を持っている方はどの位いらっしゃるでしょうか。最近は「終活」対象の年代となり、相続やエンディングノートなどに意識がいきがちですが、たまには古い日記帳を取り出してみると、自分でも恥ずかしくなるような熱い言葉などを再発見して、若き日の忘れかけていた情熱が蘇ってくるかもしれませんよ。 
  一体私の長期間使用中の日記は完結するのでしょうか? まぁ、あせらず一歩ずつで行きますか。

8月15日まで第2期の書道教室の募集を受け付けています。ご応募お待ちしています。
筆で日記というのもちょっといいかも知れませんね。                       M.N

2018年6月 7日

懲りずにチャレンジ

  東京オリンピックまであと2年。武道館は直接の関わりはありませんが、横浜周辺にも大勢の外国の方が押し寄せることになるのでしょう。「スマホで通訳」も現実になるかもしれませんが、せめて英語でだけでも生で会話が出来たら世界が広がりそうですよね。
  若かりし頃、4月になると決まってNHKの英語講座テキストを何冊か買い込み、“今年こそは英会話をマスターするぞ”と意気込んで始めたものでした。残念ながらいつも三日坊主ならぬ?ヶ月坊主で、半年持たなかったように思います。そして、新年を迎える頃には決まって、4月に比べ格段にレベルアップしている英語講座を耳にし、“あぁ-、去年もまた英会話を続けられなかったなぁ・・・。続けていればこんなレベルになっていたのに・・・”と反省し、“よし今年こそは頑張ろう!”と決意を新たにしたものでした。こんなことが、十数回はあったかと記憶していますが、さすがにここ十数年は歳のせいか学習効果のせいか、無謀なチャレンジと諦めて関わらずに来ました。

  東京オリンピックまであと2年。この4月、懲りずにNHK英語講座にチャレンジしました。5分~15分の講座を五つ掛け持ちで頑張ってます。今は、語学講座の無料アプリがあって、PCやスマホで前週の内容をいつでも何回でも聞けるようになっています。通勤時・ウォーキング時など、外を出歩く際は、イヤホンを片耳に(両耳は危険なので)勉強できるので、受講環境は抜群です。
  今年こそ、1年間最後まで続けられるような気が・・・おっと、まだやっと2か月過ぎたばかり、油断大敵!!                                                         K.Y

2018年5月 1日

五月蝿いは心の鏡?

  4月は初夏のような陽気sunの日もあり季節の移ろいが早く感じました。桜も早々と咲いて散ってしまいましたね。5月も日差しの強い夏のような日があるのでしょうか?

  『五月蝿い』と書いてうるさいと読みますが、五月のハエは特にうるさいことから当てられた当て字だそうです。(ちなみに「五月蝿」とは「さばえ」と読み、旧暦の五月 現在の6月上旬~7月上旬に群れて飛んでいるハエのことで、梅雨に入ったり初夏になったりして気温が上がってきた頃に大量発生するハエ=「五月蝿(さばえ)」という訳です)
  もともと「うるさい」という言葉は、古い日本語で心を意味する「うら」が変形して「うる」になったものと、「狭い」を意味する「狭し(さし)」をくっつけた言葉が語源になっているそうで「音が大きくて迷惑を被っている」という意味ではなく、何らかの要因によって「自らの心が乱されて閉鎖状態となる」=「心が狭い状態である」ことを「うるさし」と言っていたそうです。
  GW期間中は行楽地に向かえば大勢の人が溢れていますし、そうでなくても日頃まわりの話し声や生活音についイライラしてしまうこともあるかと思います。 『五月蝿い』と思う前に、自分の心理状態や人間関係の要因で心が狭くなってはいないかな?と一呼吸置いて思い直すことも必要なのかもしれません。なかなか難しいことですが・・・。

  第二期武道教室(初級・中級弓道、なぎなた、居合道教室)の申し込みが始まりました。初心者大歓迎です。お友達を誘って、気軽に参加してみませんか?                                                                                                                                                                                             M.K

2018年4月 1日

平成の年号もあと約1年

  早いもので平成も30年経ちました。4月から新しい年度が始まります。
  しかしながら平成もあと約1年で終わろうとしています。皆様ご存知のように、2019年4月30日に現在の天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位されまして新年号となります。果たしてどんな年号になるのでしょう? 2018年内に発表されるそうです。

  政府による新元号(年号)の六つの条件をご紹介します。
1.漢字二文字 2.読みやすい 3.書きやすい 4.国民の理想として相応しい意味がある
5.過去に元号として未使用 6.日常的に使われていない
この六つとのことです。何となく理解できますね。また年内発表は各種の企業が事前に準備ができて助かりますよね。 でも5月から新しい年号になるって、諸事情があるとしても中途半端だと思っているのは私だけでしょうか?いずれにしましてもどんな年号の元年になるのか楽しみです。

  武道館でも4月から小学生・一般武道教室等に初めて参加する方も大勢いらっしゃいます。新しいことにチャレンジすることは脳の活性化に繋がってとてもいいことのようです。皆様も新年度、何か新しいことに是非チャレンジしてみて下さい。私もボケ防止のために新しいことにチャレンジしようと思っています…(苦笑)
 新年度に入り職員一同新たな気持ちで頑張る所存です。皆様方の変わらぬご支援・ご協力をお願い申し上げます。
                                                                       M.S

2018年3月 1日

"弥生三月春四月"

 「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われますが、三月になると、春の訪れを感じられることが多くなり、お彼岸を過ぎた頃には、いよいよ春になるという喜びに似た気持ちになります。
 “三月”という言葉の響きから連想されるのは、「卒業・巣立ち・桃の節句・お花見・決算・・」などでしょうか。「決算」からは色艶を全く感じられませんが、「桃の節句」「お花見」などに代表されるように三月にはとても華やいだイメージが連想されます。また、三月を大和言葉(やまとことば)で表すと“弥生(やよい)”となり、女性の名としても良く耳にします。さらに3月8日は国際女性デー(注1)であり、まさに三月は日本も世界も「女性の月」と云えそうです。
 そう言えば当武道館の統計では、ここ数年利用者の約7割が女性となっています。古来「武道=男性」というイメージも古き時代のもので、今や武道も大和撫子のものということでしょう。
 話はかわりますが、弥生(やよい)という言葉の由来は、「草木がいよいよ生い茂る月」という意味の「木草(きくさ)弥(い)や生(お)ひ茂る月(づき)」が詰まって「やよい」になったという説が有力だそうです。そもそも新暦の四月に当たりますので、新入学児童、新社会人の誕生の月となり、「草木がいよいよ生い茂る月」を連想する時期そのものですね。

 只今武道館では、平成30年新年度(・・・)の小学生武道教室、第1期の武道教室(弓道・合気道・なぎなた・太極拳)、書道教室の申込を受付中です。応募締切は3月15日(木)武道館必着となっていますので、健康維持・体力増進に向けて、お早めにご応募下さい。特に世の男性諸氏のみな様、奮ってご応募下さいませ。お待ちしております。

注1)国際女性デーは、国際婦人デー、国際女性の日などとも呼ばれています。1904年3月8日に、アメリカのニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたことに由来します。

H.S

 

2018年2月 1日

稽古始め

  以前、ある先輩が
    「俺の1日は目覚まし時計で始まり、目覚まし時計で終わるんだ」
と言っていました。朝に目覚まし時計のアラームを止めて起きるのは当然ですが、目覚まし時計で「終わる」という意味がわからず、その意味を聞いたところ
   「寝る前に目覚まし時計の【ぜんまいを巻いて】寝るんだよ」
との説明で納得しました。現在の電気・電池式が普及する前の時代のお話でした。

 新年の武道館は早速「稽古始め」でいつものように始まりました。暖房のない環境ですが、皆さん寒さに負けず元気にスタートをきりました。特に外気にさらされる弓道はまさに「寒稽古」の名称がぴったりです。今年も多くの高校生が参加し、最終日には恒例のお汁粉で冷えた身体を暖め喜んでいました。 

  2月1日から4月開講の平成30年度武道・書道教室の募集が始まります。・小学生通年武道教室(柔道、剣道、空手)・第1期武道教室(初級弓道、なぎなた、太極拳、合気道)・第1期書道教室(曜日、時間で6教室) また、2月26日(月)の夕方には、新1年生を含む「小学生武道体験教室」を開催します。柔道、剣道、空手道の3種目のうち2種目まで体験できる企画になっていますので、4月から何か運動をしようかなと考えている方はいかがでしょうか。 それぞれホームページに内容を掲載していますので、たくさんの方々のご応募をお待ちしています。                    H.K

アイテム

  • symbol.gif

月別 アーカイブ