2018年7月 8日

46年間使用中の日記帳

  私の机の引き出しには1冊の古い日記帳があります。20歳の秋から46年後の現在に至る長期間使用中の日記帳です。久し振りに取り出してみました。まだ全体の5分の3位しか書き進んでいないので、今のままのペースでいくと、相当数の空白ページを残して人生終了ということになりそうです。
  書き始めの頃は1年もすれば書き終えるだろうと思っていましたがすぐにペースダウンし、20代半ば以降は2~3年に1回の割合で思い出した時に書いていました。そして30代前半の結婚を機にパッタリと途絶えます。新婚時代や子育て、入学・卒業、家族帯同の海外赴任といった我が家の主な記録は何故かすっかり抜けています。今から思えば一番充実していた時期だったのに、余裕がなかったのでしょうか。
  そして15年後、母親を見送った後に当時の父親、家族の状況を記しています。母親の死をきっかけに、その時点の自分自身や周辺を記録しなければとの思いが記憶に残っています。その次の記録は、12年後の息子の結婚式の時、更に3年後の東京オリンピック(‘64年)から50年経った2014年11月を最後に、現在も長期使用状態が続いているといった次第です。 
  日記帳のページは今ではすっかりセピア色と化し、20代前半の頃の将来への不安、ジリジリとした焦燥感が年齢を重ねると共に、自身の能力や限界を知った上で周りや社会とどのように関わっていくかという考えに至る自身の変化がみられるように思います。

  さて、ご自身の机の中に長期間使用中の日記帳を持っている方はどの位いらっしゃるでしょうか。最近は「終活」対象の年代となり、相続やエンディングノートなどに意識がいきがちですが、たまには古い日記帳を取り出してみると、自分でも恥ずかしくなるような熱い言葉などを再発見して、若き日の忘れかけていた情熱が蘇ってくるかもしれませんよ。 
  一体私の長期間使用中の日記は完結するのでしょうか? まぁ、あせらず一歩ずつで行きますか。

8月15日まで第2期の書道教室の募集を受け付けています。ご応募お待ちしています。
筆で日記というのもちょっといいかも知れませんね。                       M.N

2018年6月 7日

懲りずにチャレンジ

  東京オリンピックまであと2年。武道館は直接の関わりはありませんが、横浜周辺にも大勢の外国の方が押し寄せることになるのでしょう。「スマホで通訳」も現実になるかもしれませんが、せめて英語でだけでも生で会話が出来たら世界が広がりそうですよね。
  若かりし頃、4月になると決まってNHKの英語講座テキストを何冊か買い込み、“今年こそは英会話をマスターするぞ”と意気込んで始めたものでした。残念ながらいつも三日坊主ならぬ?ヶ月坊主で、半年持たなかったように思います。そして、新年を迎える頃には決まって、4月に比べ格段にレベルアップしている英語講座を耳にし、“あぁ-、去年もまた英会話を続けられなかったなぁ・・・。続けていればこんなレベルになっていたのに・・・”と反省し、“よし今年こそは頑張ろう!”と決意を新たにしたものでした。こんなことが、十数回はあったかと記憶していますが、さすがにここ十数年は歳のせいか学習効果のせいか、無謀なチャレンジと諦めて関わらずに来ました。

  東京オリンピックまであと2年。この4月、懲りずにNHK英語講座にチャレンジしました。5分~15分の講座を五つ掛け持ちで頑張ってます。今は、語学講座の無料アプリがあって、PCやスマホで前週の内容をいつでも何回でも聞けるようになっています。通勤時・ウォーキング時など、外を出歩く際は、イヤホンを片耳に(両耳は危険なので)勉強できるので、受講環境は抜群です。
  今年こそ、1年間最後まで続けられるような気が・・・おっと、まだやっと2か月過ぎたばかり、油断大敵!!                                                         K.Y

2018年5月 1日

五月蝿いは心の鏡?

  4月は初夏のような陽気sunの日もあり季節の移ろいが早く感じました。桜も早々と咲いて散ってしまいましたね。5月も日差しの強い夏のような日があるのでしょうか?

  『五月蝿い』と書いてうるさいと読みますが、五月のハエは特にうるさいことから当てられた当て字だそうです。(ちなみに「五月蝿」とは「さばえ」と読み、旧暦の五月 現在の6月上旬~7月上旬に群れて飛んでいるハエのことで、梅雨に入ったり初夏になったりして気温が上がってきた頃に大量発生するハエ=「五月蝿(さばえ)」という訳です)
  もともと「うるさい」という言葉は、古い日本語で心を意味する「うら」が変形して「うる」になったものと、「狭い」を意味する「狭し(さし)」をくっつけた言葉が語源になっているそうで「音が大きくて迷惑を被っている」という意味ではなく、何らかの要因によって「自らの心が乱されて閉鎖状態となる」=「心が狭い状態である」ことを「うるさし」と言っていたそうです。
  GW期間中は行楽地に向かえば大勢の人が溢れていますし、そうでなくても日頃まわりの話し声や生活音についイライラしてしまうこともあるかと思います。 『五月蝿い』と思う前に、自分の心理状態や人間関係の要因で心が狭くなってはいないかな?と一呼吸置いて思い直すことも必要なのかもしれません。なかなか難しいことですが・・・。

  第二期武道教室(初級・中級弓道、なぎなた、居合道教室)の申し込みが始まりました。初心者大歓迎です。お友達を誘って、気軽に参加してみませんか?                                                                                                                                                                                             M.K

2018年4月 1日

平成の年号もあと約1年

  早いもので平成も30年経ちました。4月から新しい年度が始まります。
  しかしながら平成もあと約1年で終わろうとしています。皆様ご存知のように、2019年4月30日に現在の天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位されまして新年号となります。果たしてどんな年号になるのでしょう? 2018年内に発表されるそうです。

  政府による新元号(年号)の六つの条件をご紹介します。
1.漢字二文字 2.読みやすい 3.書きやすい 4.国民の理想として相応しい意味がある
5.過去に元号として未使用 6.日常的に使われていない
この六つとのことです。何となく理解できますね。また年内発表は各種の企業が事前に準備ができて助かりますよね。 でも5月から新しい年号になるって、諸事情があるとしても中途半端だと思っているのは私だけでしょうか?いずれにしましてもどんな年号の元年になるのか楽しみです。

  武道館でも4月から小学生・一般武道教室等に初めて参加する方も大勢いらっしゃいます。新しいことにチャレンジすることは脳の活性化に繋がってとてもいいことのようです。皆様も新年度、何か新しいことに是非チャレンジしてみて下さい。私もボケ防止のために新しいことにチャレンジしようと思っています…(苦笑)
 新年度に入り職員一同新たな気持ちで頑張る所存です。皆様方の変わらぬご支援・ご協力をお願い申し上げます。
                                                                       M.S

2018年3月 1日

"弥生三月春四月"

 「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われますが、三月になると、春の訪れを感じられることが多くなり、お彼岸を過ぎた頃には、いよいよ春になるという喜びに似た気持ちになります。
 “三月”という言葉の響きから連想されるのは、「卒業・巣立ち・桃の節句・お花見・決算・・」などでしょうか。「決算」からは色艶を全く感じられませんが、「桃の節句」「お花見」などに代表されるように三月にはとても華やいだイメージが連想されます。また、三月を大和言葉(やまとことば)で表すと“弥生(やよい)”となり、女性の名としても良く耳にします。さらに3月8日は国際女性デー(注1)であり、まさに三月は日本も世界も「女性の月」と云えそうです。
 そう言えば当武道館の統計では、ここ数年利用者の約7割が女性となっています。古来「武道=男性」というイメージも古き時代のもので、今や武道も大和撫子のものということでしょう。
 話はかわりますが、弥生(やよい)という言葉の由来は、「草木がいよいよ生い茂る月」という意味の「木草(きくさ)弥(い)や生(お)ひ茂る月(づき)」が詰まって「やよい」になったという説が有力だそうです。そもそも新暦の四月に当たりますので、新入学児童、新社会人の誕生の月となり、「草木がいよいよ生い茂る月」を連想する時期そのものですね。

 只今武道館では、平成30年新年度(・・・)の小学生武道教室、第1期の武道教室(弓道・合気道・なぎなた・太極拳)、書道教室の申込を受付中です。応募締切は3月15日(木)武道館必着となっていますので、健康維持・体力増進に向けて、お早めにご応募下さい。特に世の男性諸氏のみな様、奮ってご応募下さいませ。お待ちしております。

注1)国際女性デーは、国際婦人デー、国際女性の日などとも呼ばれています。1904年3月8日に、アメリカのニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたことに由来します。

H.S

 

2018年2月 1日

稽古始め

  以前、ある先輩が
    「俺の1日は目覚まし時計で始まり、目覚まし時計で終わるんだ」
と言っていました。朝に目覚まし時計のアラームを止めて起きるのは当然ですが、目覚まし時計で「終わる」という意味がわからず、その意味を聞いたところ
   「寝る前に目覚まし時計の【ぜんまいを巻いて】寝るんだよ」
との説明で納得しました。現在の電気・電池式が普及する前の時代のお話でした。

 新年の武道館は早速「稽古始め」でいつものように始まりました。暖房のない環境ですが、皆さん寒さに負けず元気にスタートをきりました。特に外気にさらされる弓道はまさに「寒稽古」の名称がぴったりです。今年も多くの高校生が参加し、最終日には恒例のお汁粉で冷えた身体を暖め喜んでいました。 

  2月1日から4月開講の平成30年度武道・書道教室の募集が始まります。・小学生通年武道教室(柔道、剣道、空手)・第1期武道教室(初級弓道、なぎなた、太極拳、合気道)・第1期書道教室(曜日、時間で6教室) また、2月26日(月)の夕方には、新1年生を含む「小学生武道体験教室」を開催します。柔道、剣道、空手道の3種目のうち2種目まで体験できる企画になっていますので、4月から何か運動をしようかなと考えている方はいかがでしょうか。 それぞれホームページに内容を掲載していますので、たくさんの方々のご応募をお待ちしています。                    H.K

2018年1月 4日

明けましておめでとうございます!

  新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

  さて皆さんは「正月」から何を連想しますか?私は富士山です。fuji
初日の出sunと富士山も新春にふさわしい景色ですし、「一富士二鷹三茄子」などと言って、初夢に見ると縁起が良いとされていますね。その富士の絵で私が好きなのは、江戸時代の浮世絵師葛飾北斎が描いた「富嶽三十六景」の中の「凱風快晴」と言う作品です。「赤富士」と言ったほうが馴染みがあるかもしれません。構図自体は簡素でありながら、富士山の堂々とした雄姿から力強さや迫力を感じることができます。
この作品を見ていると、新年の思いを新たにするのにふさわしいパワーをもらえます。
また一年ガンバルぞ!up

  武道館は各武道の一般稽古から一年が始まります。毎年のことですが、年初早々参加者の皆様の熱気が伝わってきます。
年末に職員一同で大掃除をした道場で気分もスッキリと稽古に取り組んでください。

皆様にとっても飛躍の一年でありますように!!                   FY

2017年12月 7日

官製ハガキは62円に。でも年賀ハガキは52円...?

  師走に入り年賀状の準備や大掃除と新年を迎える準備で忙しくなります。今年は友人からの喪中はがきが多く、自分達の親もそんな年齢に達した事を感じ取ります。

  年賀状を購入された方は気付いているかもしれませんが、日本郵便が販売する年賀状は1枚52円で販売されています。「あれ?確か62円に値上げされたはずでは?」とお思いになる方もいらっしゃるのでは。
52円で年賀状を出せるのは12月15~1月7日迄の差し出しに限られるのです。
余った年賀状を懸賞応募に使用する時はご注意を。また武道館の窓口での各教室お申し込みの際の返信用はがきに使用する時は10円切手を貼って下さいませ。

  ちなみに只今武道教室、書道教室の受講者を12月15日迄募集中です。詳細はトップページの新着情報からご覧下さい。

  武道館も最終日に職員総出で大掃除です。少しでも綺麗にして武道の神様にケガ・事故のないよう1年過ごせますようにと祈ります。
12月21日~27日迄夜間閉館になります。夜の一般稽古参加の方は日程確認を。
28日~1月3日迄は休館です。
今年の忘れ物を取りにいらしてない方は、なるべく今年のうちにトリに来て下さい。
来年は戌年です。ワンダフルな年になりますようにお祈り申し上げます。             S.M

2017年11月12日

 新人スタッフとして

  朝夕の寒さが身にしみる季節になってきました。
  さて、今回は武道館の“新人スタッフ”としてスタートした私の体験感想を記したいと思います。先ず、一番に感じたことは、今まで製造メーカーに勤め、限られた人達しか相手にしてこなかった私が、武道館のように老若男女の不特定多数の来館者を相手にして、その人達からどのような話が飛び出してくるのか予測がつかず、応対にずいぶん戸惑いました。
  武道館スタッフの業務は多種多様で、朝は8時頃から夜は9時過ぎまでいろいろなことを行なっています。例えば、朝夜の全道場の窓の開閉・施錠、全館の巡回、低木の剪定、雑草・芝刈り、設備の点検・修理等(事業計画関連は省略)がありますが、最初は業務習得と戸惑いの繰り返しで、近年になく体を動かし、汗をかきました。今まで肉体的に楽をしてきた私に神様が罰を与えてくれたのではと良い方に考えています。おかげで今は体力がついてきたことを実感しています。
  武道館スタッフ業務の基本は人対人の確かなコミュニケーションを繋げる事だと思いますが、日を重ねるごとに来館者の方とも余裕を持って応対できるようになったことを実感しています。
とは言ってもまだまだ先輩スタッフのように会話のやりとりから瞬時に予測行動をとるまでにはいきませんが・・・。
  今後も来館者の方達とのコミュニケーションを大切にし、業務の更なるスキルアップを図っていきたいと思っています。        M.N

2017年10月11日

記憶力の低下にお悩みのあなたに・・・朗報?

  「これからの人生で一番気がかりなことは何ですか?」 武道館をよく利用される方々に質問したとしたら、おそらく「認知症になって周りに迷惑をかけることになりはしないか・・・」ではないでしょうか。死因の一番はガンでも、不安の一番は認知症・・・死は避けられないことだから諦めもつくけど、周りに迷惑をかけながらそのことさえ認識できずに生き続ける・・・これだけは何としても避けたいですよね。 でも、歳を重ねるにつれ物忘れが進み、認知症になりかかっているのでは?・・・との不安が高じてくるのも事実です。
  テレビ番組「たけしの家庭の医学」で、国民栄誉賞受賞者10人の顔写真を見せて、その人の名前を思い出せるかどうかという記憶テストがありました。 私も挑戦してみましたが、10人中9人は見覚えはあるものの、名前を言えたのはわずか2人、番組出演の高齢者の最低が3人だったので、少し落ち込みました。 
  NGFという脳内物質の減少が、記憶・認知機能の低下に関係しているらしく、記憶テストでの名前を言い当てられた人数と唾液中のNGFの測定値が高い相関を示していました。記憶テストで最も多い8人の名前を言い当てた82歳男性は、この唾液中のNGF量が24.1、最も少ない3人の名前を言い当てた73歳男性は3.2でした。 このNGFは、20歳頃をピークに徐々に減少し始めるものの、運動習慣で減少速度を緩めることができるのだそうで、最高量の82歳男性は毎日2万歩のウォーキングを欠かさない方でした。 しかし、毎日2万歩はきついですよね。 ところが、もっと簡単にNGFを増やす方法があったんです。 なんと、タオルで(ブラシでも可)両手を擦る(マッサージする)だけ、しかも1日に10分程度・・・くだんの73歳男性がこれを5日ほど続けたところ、NGFが3.2から8.0まで増加し、メモなしには満足にできなかった奥様に頼まれた買い物も、メモなしでも大方間違いなくできるようになって、本人も自信を取り戻したようでした。
  もちろん、私も早速取り入れています。効果はまだ確認できていませんが・・・
  記憶力の低下にお悩みの方、試してみたら如何でしょう。              K.Y

アイテム

  • symbol.gif

月別 アーカイブ