2012年5月アーカイブ

2012年5月 1日

新緑の季節・武道に親しむ

 名残り惜しい桜の季節も終わり、これからは新緑の季節へと移っていきますが、おかげさまで武道館も順調に新年度のスタートをきることができました。小学生通年や一般の第1期武道教室の受講者の方々も、皆さんそろそろ慣れてきて、楽しさが増してくる頃かと思います。また、各種大会や審査会等も今月から本格的に開始されますので、今一度、気を引き締めて運営にあたらせていただきたいと思っています。
 武道館の玄関広間に「今月のことば」のコーナーがあります。これは、数年前からある方にお願いして作成していただいているものでご存知の方も多いと思います。題材は、武道に関するものから万葉集などの古典までと幅広く、一般の利用者だけでなく我々スタッフも毎回楽しみにしているところです。今回は、過去掲示された中で印象に残った句(?)をご紹介します。

『すきと功 上手と三つくらぶれば 好きこそ物の上手なりけり』

 これは、武道歌のひとつだそうですが、何事もまず好きになることが上達への第一歩だという意味だそうです。その点、サークル活動や一般稽古などで武道館をご利用されている皆さんは、ズバリ日々これを実践している訳で、今後もますます武道を好きになっていただけるよう、我々武道館スタッフもしっかり応援させていただきますのでよろしくお願いいたします。              H.K