2014年9月アーカイブ

2014年9月30日

それでも秋は来る

  今年の夏は例年に増して「異常気象」という言葉が多く聞かれました。酷暑sun、竜巻typhoon、ヒョウ、突風、豪雨rain雷雨thunder広島を襲った豪雨はすさまじく、テレビに映し出された映像は今でも目に焼きついています。
 日中の最高気温35度以上の『猛暑』という言葉もいつのまにか『酷暑』に変わり、雑誌、新聞等で頻繁に目にするようになりました。それでも9月に入ると少しずつですが、朝晩の風は冷たく「秋」の訪れを感じます。
 9月半ばミンミンゼミが鳴いていました。これが8月の盛夏の頃ならばこの鳴き声で一層の暑さを感じていたのに、9月に聞くセミの声は寂しげで、まるで夏の終わりを私達に確認させるかのようでした。

 毎日僅かずつですが「秋」は確実に進み、10月となりました。体を動かすには丁度よい気候です。来たる10月19日(日曜日)、当県立武道館では県民スポーツ週間中央イベントである武道体験コーナー、武道体験教室が開催されます。うれしいことに、去年を上回る大変多くの方々からの参加お申込みをいただいております。沢山のご応募ありがとうございました。皆様が楽しく武道を体験することができます様、講師の先生はじめ、武道館職員一同お手伝いさせていただきます。皆様のご来館をお待ちしております。                                           F.Y

2014年9月 2日

武道館勤務を振返って

  私は武道館に勤務してはや4年近くになり、振返ると色々感じることがあります。

 まず、武道館の運営も一般企業と同じくパソコンなしには考えられないということです。施設の利用予約システムをはじめ、インターネットや電子メールなどパソコンが多くの業務に組み込まれているのは想像以上でした。同時にパソコンはペーパーレスの観念を生み出し、無駄やミスが大幅になくなり、紙と鉛筆で育ったアナログ人間としてはパソコンの威力を今更ながら痛感しています。
   もうひとつは植栽業務です。植栽の主な業務は灌水、剪定、雑草(落葉)取りの3つで、さらに病害虫の予防や駆除となると専門的な知識が必要となり、簡単ではなくなります。植栽は初めての経験でしたが、今では熊手やハサミを持つ恰好も多少はサマになってきた気がします。

 さて、秋の気配が感じられる9月になりましたが、武道館行事としては第2期書道教室(9~12月)が始まります。5教室とも定員を超える申込みがありました。多数のご応募ありがとうございました。そして、現在募集中の行事は…
  ●第3期武道教室(10~12月):柔道、剣道、初級弓道、中級弓道、太極拳
  ●県民スポーツ週間中央イベント武道体験コーナー、武道体験及び出張武道体験教室
詳細はHP新着情報をご覧下さい。初体験の方や子供たちの武道体験にはピッタリの企画です。参加費は無料。ふるってお申込み下さい。                               S.K