« 型があるから型破り、型がなければ形無し | ホーム | 15年來の付き合いの「心房細動」 »

2019年2月 6日

懲りずにチャレンジ その後

  東京オリンピックが近づく中、昨年4月、無謀にも十数年ぶりにNHK英語講座にチャレンジし、過去十数回に及ぶ途中での挫折の歴史を塗り替えよう決意したことは、昨年6月の本ブログに書いたところです。
  さて、今度こそは挫折せずに続いているのでしょうか?
  実は、挫折せずに続いているんです。事前の予想では(ん?・・・期待かな?)ここまで続いていたら、ペラペラ喋れる筈だったのですが・・・そこまでのレベルまでにはまだちょっと遠くて・・・70の手習いにとっての一番の壁は、記憶力の低下。あと10歳若ければ・・・If I were 10 younger than now, I could speak English fluently. この英文、OK?

  私が中心に据えて勉強しているのは「ラジオ英会話」で、サブタイトル「ハートでつかめ!英語の極意」が示すように、必ず声に出して練習すること、そして状況を思い描き心を込めて練習すること、をとても重視しています。心を込めて、声に出して何度も練習しているのに、残念ながら記憶力の低下にはなかなか抗い難く、脳内に定着してくれません。でも、何度も何度も繰り返すうちに、少こ~しずつですが確実に例文パターンが記憶されひょいと出てくるようにもなってきているような・・・ここに希望を繋いで最後まで続けるつもりです。
  こんな訳で、挫折続きだったNHK語学講座の通年継続受講へのチャレンジは、ほぼ達成できそうです。いや、ここまで来たらもう達成です。

  武道に限らず何かを習うことは、人にとって大切な時間の過ごし方ですよね。思うようにできずに悩みもがくこともあれば、難しかったことがやっとできるようになった時の喜びもある、この起伏のある稽古の道が人生に彩を添えてくれているばかりか、健康にも認知症対策?にも、きっといい筈だと信じて続けて行こうと思っています。

K.Y.

 

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、神奈川県立武道館スタッフが2019年2月 6日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「型があるから型破り、型がなければ形無し」です。

次のブログ記事は「15年來の付き合いの「心房細動」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。