2019年11月アーカイブ

2019年11月 7日

ラグビー・ワールドカップ、感動のプレーをありがとう!

  1ケ月以上に亘り、全国各地を興奮の渦に巻き込んだラグビー・ワールドカップが終わりました。われらが桜ジャパンは4戦全勝で予選リーグを1位突破し、初めての決勝トーナメント進出を果たしました。ひょっとしたら決勝戦まで行くのでは・・・? と思った方も結構いたのではないかと思います。かく言う私もそんな期待を抱いてしまいました。残念ながら、決勝トーナメント初戦で南アフリカに破れ、夢は幻に終わりましたが・・・
  4年前のワールドカップで南アフリカを破り、奇跡の勝利と呼ばれた時から、少しラグビーに興味を持つようになったものの、ルールがよく分からずたまたまテレビでやっていると見るという程度でした。が、ワールドカップ直前の7月、大泉洋さん主演のテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」でそのストーリーとラグビーに嵌ってしまい、その勢いでワールドカップのテレビ観戦にも惹きつけられてしまいました。同じようにこのテレビドラマでラグビーの魅力に目覚め、ワールドカップに嵌った方も多かったのではないでしょうか。

  私の住む団地の八百屋さんが、こんなことを話してくれました。ちょうどワールドカップ決勝戦のある日、時刻は夕方の5時頃、八百屋のおかみさんが、「今日は人通りが少ないでしょう。みんな早めに買い物を済ませて、ワールドカップを見るんだそうだよ」。高齢者比率が3割に近いという地域で、しかも日本チームが出ない試合、たとえ決勝戦とは言え、外国勢の試合を見たいと思うとは、本当にラグビーそのものを面白いと感じている証拠ではないでしょうか・・・しかもスポーツには縁遠くなりがちな高齢の方たちが!
  1ケ月以上に亘り日本中を熱狂させたラグビー・・・、その魅力は何なのか・・・、スクラム、モール、タックル・・・単純だけど圧倒的に分かりやすい肉弾戦、雁の渡りのような攻撃ラインで次々と繰り出される流れるようなパス、そして、
         One for All,All for One 
          ( 「一人はみんなのために、みんなは一つの目的(ゴール)のために」 )
の精神、「ノーサイド」で一転敵味方の関係を離れ互いの健闘を讃えあう姿、そんな普段目にできない感動のシーンが詰まっている・・・嵌まってしまうのも無理ないですね。

 今大会で活躍した外国代表選手の中には、この後日本の社会人チームでプレーする方も多いと聞きました。日本のラグピーがますます盛んになり、感動のプレーを見せてくれることを期待せずにはいられません。                                                                                                           K.Y

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。