« ラグビー・ワールドカップ、感動のプレーをありがとう! | ホーム | 新年あけましておめでとうございます。 »

2019年12月 6日

武道館 この一年の思い

  今年も残すところ一カ月を切りました。武道館の周りのポプラや銀杏の葉も残りわずかになり、冬の眠りに入ろうとしています。今年の初め、一度だけ正門前の通りの雪かきをしましたが、特に大事無く新年度がスタートし、篠原池の桜は4月初めに満開となり、今年も大勢の人達が来られていました。武道館をバックに桜の写真を撮られた方も多かったのではないでしょうか。(かくいう私もその一人ですが。)
その篠原池と武道館との境界側(岸根公園所有)に数本のやまももの木があります。梅雨頃に濃い赤色の実がなりますが、樹木の刈込み作業中に手が届くところにあり、5個ほどこっそり頂戴しました。(ごめんなさい。)甘酸っぱい味とともに、子供の頃の思い出が蘇ってきましたが、実はやまももの花は私の故郷の“県の花”となっています。(さて、何県でしょうか。)

 今年一番の出来事は、関東を直撃した台風15号、及び19号とその後の大雨を経験したことです。いまだに大勢の方々が苦しんでおられますが、武道館も弓道場などの瓦屋根がその度に破損し、修理を余儀なくされました。また、正門周りやバス道路沿いの落枝や泥の堆積処理などに多くの時間を要しました。樹木ではクスノキの枝が強風で大量に落下し、ポプラ並木の葉の柔らかい部分が全体的にちぎれて無くなっていたのが脳裏に焼きついています。
台風の過去30年間の上陸件数を調べてみましたら、90年代、2000年代とも28個ずつですが、2010年代に入り今年までの9年間で既に35個となっており、来年には40個に達するかもしれません。今年の台風は、強い勢力を維持したまま上陸するという、今までほとんど未経験のことが起きていますので、来年以降、今まで以上に台風への備えは万全にするように心がける必要がありますね。

  現在、正面庭の砂紋の傍にあるピラカンサの実が真っ赤に熟しています。ピラカンサのように情熱を持って来年のオリンピックイアーを迎えたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。                                                                                                                                                                                                      M.N

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、神奈川県立武道館スタッフが2019年12月 6日 13:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラグビー・ワールドカップ、感動のプレーをありがとう!」です。

次のブログ記事は「新年あけましておめでとうございます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。