事業内容のご紹介

武道館の事業内容についてご紹介します。(記載は平成24年度の例。毎年同様の内容を実施しています。実施日及び出張武道体験教室の種目は毎年は異なりますのでご注意下さい。)

武道指導者の養成と資質向上

事業名 種目 ねらい 講師 実施期日 定員 対象
社会体育武道指導者
指導力向上研修会
弓道 社会体育における武道指導者の指導力の向上・充実を図る。 神奈川県弓道連盟が推薦する講師 毎年10月~11月に3回開催 50名 <希望>弓道5・6段を有する社会体育指導者
地域社会武道指導者
研修会
なぎなた 地域社会武道指導者の専門的な知識と技術の充実を図り、その資質向上に資する。 全日本なぎなた連盟が推薦及び神奈川県なぎなた連盟が推薦する講師 毎年6月に2日間開催 40名 <希望>なぎなたを指導している社会体育指導者

武道の普及

(1)武道教室

内容 目的
武道教室のページを
ご覧ください
広く県民に武道の正しい心構えと技術を教授するとともに、
豊かな人生を彩る生涯スポーツとしての武道を普及することを目的に
初心者(一部経験者)を対象とした教室を開講する。

(2)出張武道体験教室

目的  広く県民に武道を普及することを目的に、武道に親しむ機会として、初心者を対象とした体験教室を県民スポーツ週間中央イベント武道館事業として開講する。

種目 対象 実施期日 会  場
2種目 小学生以上 9月~10月 1種目1会場にて開催
  毎年種目、開催会場 は変更  

(3)初心者を対象とした武道体験教室

目的  広く県民に武道を普及することを目的に、武道に親しむ機会として、初心者を対象とした体験教室を県民スポーツ週間中央イベント武道館事業として開講する。

種目 対象 実施期日
柔道・剣道・弓道・空手道・
なぎなた・少林寺拳法・合気道・
スポーツチャンバラ等
小学生以上
※弓道は中学生以上
毎年10月
 

(4)青少年武道錬成会

目的  基礎技術の修得や技術の交換を通じて親睦を深め、さらに高い技術を修得する機会をつくり、心身の鍛練による青少年の健全育成に寄与するため、青少年武道振興の一環として青少年武道錬成会を開催する。

種目 対象 実施期日
柔道 小学生 毎年8月
剣道 高校生 毎年8月
弓道 高校生 毎年8月の2日間
空手道 小学生 毎年7月

(5)地方青少年武道錬成大会

目的  基礎技術の修得や技術の交換を通じて親睦を深め、さらに高い技術を修得する機会をつくり、心身の鍛練による青少年の健全育成に寄与するため、青少年武道振興の一環として青少年武道錬成会を開催する。

種目 対象 実施期日
銃剣道 小学生、中学生、高校生 毎年6月の2日間
なぎなた 小学生、中学生、高校生 毎年7月の2日間

広報と武道に関する調査

項目 事業 備考
情報提供 ホームページの公開
武道館報(ホームページへ掲載)
事業内容 武道教室 施設の説明 貸出の説明
一般稽古 休館日 事業報告 アクセス等
調査研究 各種資料の収集と提供 武道館の書庫で閲覧ができます